1段階 1・2時間目


適性検査が終わって一時間空きができた。

空いている時間に一服しつつ、コースを眺めると普通二輪の教習を行っている。
あー、次乗るのか、と思うとちょっと緊張してくる。

一服したりウロウロしたり落ち着きなく一時間を過ごした。

そしていよいよ時間が来た。
いそいそと二輪の建屋に移動。

いよいよ教習車とご対面。

HONDA CB400 SuperFour よろしく頼むよ。。。
IMG_3673.jpg

1時間目は、
・教習に入るための段取り
・プロテクター、ゼッケンの付け方
・バイクの取り回し
・バイクの操作

先生はちょっといかついW先生。
声が通る先生だなぁ。

同じく今日から普通二輪の男性と一緒であった。
心強いわ~。

最初に教習に入るための段取り、服装などに説明を受けた。
肌の露出がないこと、長い靴下を履くことなどなど。
ブーツを履いていったので問題なし!

胸、肘、膝のプロテクターをつけてゼッケンをした。
普通二輪は赤いゼッケンだ。フムフム。

まずはスタンドの外し方。
バイクをまっすぐに立てて、スタンドを足で払う。

そして8の字にバイクを押す。
う、重たい。。。

そして倒して引き起こしの仕方を習う。
一度は引き起こせなかったけど、二度目でなんとか引き起こせた。

右に倒してしまった場合は、エンジンオフしてスタンドを起こしておいて車体を起こす。
あくまで乗るのは左側から。これ大事だな。

次に基本姿勢を教わる。
力まずに腰を据えることが大事。
頭でわかっててもできない。

その後は、各部の説明を受けてエンジンオンしてクラッチ操作。
変速操作を教わった。

センタースタンドをかけた状態でまたがって1速から4速まで上げて、停止。
停止しながらシフトダウンして1速まで落とし、念のためもう一回踏む。これ大事。

これを練習して一時間終了~。
夢中で練習したためあっという間に感じた。

反省点
・クラッチ、ブレーキ操作をスムーズにできない。

----------

2時間目はいよい実車となる。

教習コースの真ん中までバイクを押して行って説明を受ける。
直線で発信して停止する、これをやる。

またがってエンジンオン!
1時間目に行った練習を実際に乗って行う。

実際に走らせるとなるビビる。

アクセルを回し、回転数が上がったらクラッチをつないでいく。
すると前に走り出す~。

あ、いきなりエンスト。
手順のことで頭がいっぱいなのだ。

さてもう一回。
今度はちゃんと走り出せた。

停止するぞー、クラッチ・ブレーキ~、ガクガクガク。。。
非常にぎこちなく停止!
ブレーキを柔らかくかけることを指示される。

繰り返し練習することで、どのくらい回したらどのくらい進むのかわかってきた。

慣れて来たら直線をいっぱいに使って4速まで上げて、停止するという練習。
最初はふらふら発進だったけど、だんだん安定してきて停止も後ろブレーキと前ブレーキをバランスよく使えるようになってきた。

慣れてきたころに終了~。


今日の反省。
・目線を降ろさずに進行方向を見る。
・後ろブレーキをしっかり使う。
・前ブレーキは柔らかくかける。
・変速はアクセルオフとクラッチを同時に行う。


反省はちゃんと次につなぐぞ!


ポチっとお願いします!↓
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ



関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Category: 教習所 普通二輪
Published on: Mon,  11 2016 00:11
  • Comment: 2
  • Trackback: closed

2 Comments

tai  

No title

はじめまして。お邪魔します。
自分も『大人』になってからバイクに乗り始めました。
禁煙成功によるタンス預金で支払えたので、嫁の説得もしやすかったかな~。
またお邪魔します。
教習、頑張ってくださいねヽ(^。^)ノ!

2016/04/11 (Mon) 18:50 | REPLY |   

やっすん#  

ありがとうございます!

taiさん>

コメントありがとうございます!

うちの場合お金の問題もあるんですが、バイク=危険っていう認識の壁が高くて大変です。

教習がんばります!

2016/04/11 (Mon) 21:30 | REPLY |   

Post a comment